日本では独自の携帯、いわゆるガラケーが進化する中、スマートフォンは欧米で先行開発され、広まって行きました。

日本でも馴染みの深いApple社の「iPhone」の他、Research In Motion社の「ブラックベリー」なども有名ですね。当初はビジネスマンを中心にユーザが拡大して行きました。

海外では他にも多くのスマートフォンが展開されており、ノキア「Nokia」シリーズ、Carrier Devices「i-mate」、モトローラ「MPx220」、Palm OSの「Treo」シリーズなど選択肢も沢山あります。

こんな風にスマートフォンが一気に広まった要因としては、やっぱりアプリケーションをハードウェアに依存して組み込んだこと、そしてパソコン、PDAの機能を搭載したことにあるでしょう。

また、その利便性も去ることながら、特に自分好みのアプリケーションを取り込んでオンリーワンの携帯にカスタマイズできる点が現代の個人ニーズに支持されたことも大きいでしょう。

Sponsored Link
千葉出会い系

Livedoor