• ガラケーの機能を取りこむ

    ソフトバンクにかなり遅れをとった感があったNTTドコモやAUですが、今やスマートフォンへの力の入れようは凄まじいものがあり、国産機種のラインナップもかなり充実してきました。

    日本においても、いよいよ販売競争が激しくなって来ましたよね。

    最近はメガネを必要としない3Dディスプレイを搭載したスマートフォンなども発売されています。また、3D撮影可能なデジカメ機能が付いているものもありますね。

    ディスプレイもどんどん高画質になってきています。

    また、ガラケーに搭載されていた便利機能、おさいふケータイにも対応し始め、電子マネー、クーポンなどはスマートフォンをかざすだけで使うことができますし、防水機能も強化されてきました。ワンセグや赤外線通信などの機能を搭載したスマートフォンもあります。

    まさに急激に進化中、いよいよガラケーの機能を飲み込み始めたと言っていいでしょう。

    Sponsored Link
    地域別出会いナビ

     
  • ガラケーとスマートフォン

    お馴染みアップル社のスマートフォンiPhone。日本市場へのスマートフォン浸透に最も貢献してきた機種と言っても異論はないかと思います。

    従来の携帯電話にパソコン機能を追加。いや、それだけではなく、ユーザーが望むありとあらゆるエンターテイメント機能をも取り込みつつあります。

    例えばミュージックプレイヤーiPod。これまでiPodと携帯を別々に持ち歩いていたユーザーも、両方を合わせて1台にできるのであれば、それは飛びつきますよね。

    その他、最近発売されているgoogleのAndroidスマートフォンでは、従来の携帯に搭載されていた便利機能おさいふケータイなどにも対応しています。

    こうしたユーザーの様々な需要に応えることができるのがスマートフォンなんですね。

    日本国内におけるスマートフォンのシェアは、今のところ、海外に比べてまだ高くありません。ただ、数年後には日本でも全携帯電話の半分くらいのシェアになるであろうとの予測もあります。

    かつてやや控えめな予測をしていた関係者も、現在の急激な市場拡大を見てシェア予測を上方修正しているようです。

    これまで、日本の携帯電話は海外とは違う独自路線を歩んできました。国内だけの独自開発のために海外から機種や技術がなかなか入ってこなかったのです。

    これこそが、従来の携帯電話が、特異な生物相を持つガラパゴス諸島のイメージと結びつけて、ガラパゴス携帯、いわゆるガラケーと言われる所以ですね。

    でも、そんな日本の携帯電話市場もいよいよ世界標準に近づいてきました。これからは、世界標準のスマートフォンと日本独自のガラケーの便利機能の融合が急ピッチで進んでいくことでしょう。

     
  • スマートフォンの進化

    スマートフォン誕生のルーツは携帯情報端末、PDAだと言われています。

    ちなみにPDAとはアップル社のジョン・スカリーが1990年代に用いた造語。スケジュール管理や住所録管理、メモ機能などを持った小型の携帯機器のことですね。

    ですが、PDAには通話機能がありませんでした。そこにその機能が追加されて徐々に進化を遂げたのが、現在のスマートフォンというわけです。

    ただ、かつて携帯電話の製造というのは通信機器を所有しているメーカーだけに限定されていました。なぜなら、それまでの携帯電話には基地局とのやりとりや音声信号の変復調、通話機能などの高度な技術と経験が必要だったため。

    でも、携帯電話が小型化して高性能になると、通話機能はベースバンドプロセッサを使ってモジュール化できるようになったのです。

    製造メーカーはこのチップをPDAに組み込むことで、一から通話機器を開発しなくても通話機能を持てるようになったんですね。

    スマートフォン進化の背景には、この通話機能のモジュール化が大きく寄与しているのです。

     
  • スマートフォンと携帯電話の違い

    スマートフォンと従来の携帯電話(ガラケー)は何が決定的に違うのでしょうか?

    これまでも書いてきたように、スマートフォンは簡単に言ってしまうとパソコンの機能が付いた携帯電話でしたね。

    とは言え、ガラケーでもインターネットにつなぐことができるブラウザ機能やメール機能がついている機種も存在します。それも広義で考えればスマートフォンと言っていいでしょう。

    でも、決定的に大きな違いは、自分好みのアプリケーションをインストールしてカスタマイズできるかどうかという点ですね。

    好きなアプリケーションを選んでインストールできるのがスマートフォン、元からついている機能を使うだけなのがガラケーという区別をしてもいいでしょう。

    ただ、スマートフォンに変更して不便になった!という声も実はあります。

    日本のガラケーは独自の便利機能を進化させてきたために、世界標準のスマートフォンでは対応していない機能もあるわけです。

    例えばおさいふケータイ。

    最近発売されたスマートフォンでは利用できる機種もありますが、日本で最も普及しているiPhoneなどではまだ利用できません。

    また、日本のガラケー用に作られたWebサイト、いわゆる携帯サイトについては、パソコンからの閲覧に制限がかけられていればスマートフォンでも見ることができません。

    ですから、携帯サイト限定のサービスはスマートフォンからは利用できないんですね。

    そのような情報がないままにスマートフォンを購入して、使い始めたらあのサイトが見れない!あの機能が使えない!という方も多いようなのです。

    おそらくはこれからスマートフォンも、ガラケーで支持されていた便利機能を搭載したものがどんどん発売されていくのでしょうね。

     
  • スマートフォンの高い性能

    ここまで書いてきたように、スマートフォンはPCの機能を持ちながら、気軽に持ち運べることが大きなメリットの1つ。

    多機能ながらボディはコンパクト。従来の携帯電話と同じ感覚で持ち歩ける高性能マシンなんですね。

    また、指先1本で簡単スピーディにスクロールできる、キーボードで簡単に文字入力できる、など片手でも操作がしやすいのも嬉しいところ。

    仕事中などで、片手がふさがっているときにも重宝しますよね。

    更に和英辞典や英和辞典、国語辞典や辞書ソフトも充実しているのも嬉しいところ。ビジネスシーンはもちろん、学生が勉強する際にも大活躍するでしょう。

    私がそうだったように、従来の携帯からスマートフォンに乗り換えた時には、その世界の広がりにきっと驚くはずです。

     
  • スマートフォンの利便性2

    前回に引き続き、スマートフォンの利便性について、考えてみます。

    パソコンメールの送受信ができるという点もスマートフォンのメリットでしょう。

    特に便利なのは、必要な資料をうっかり忘れて外出してしまった場合。こんな時はメールに添付して送ってもらえばOK。スマートフォンなら添付ファイルを閲覧できます。

    また、情報管理に優れている点もスマートフォンの大きなメリットでしょう。

    パソコン内のデータをスマートフォンに入れて簡単に持ち歩くことができますし、DROPBOXのようなアプリケーションを利用すればパソコンとスマートフォンでファイルを瞬時に共有することができます。

    ですから、外出先でも簡単にファイルを閲覧したり、修正したりできるんですね。

    また、スマートフォンならスケジュール管理だってとても便利。

    パソコンのスケジュールデータと同期しているため、常に最新情報を見て管理を行うことができます。

    これまでも電子手帳などのツールがありましたが、なんだかんだ言っても手書きの手帳のほうが便利な面もあって両方持ち歩いてるなんて方もいたと思います。

    でも、スマートフォンがあれば、今度こそホントの意味で手帳の電子化が加速するでしょう。

    どうでしょうか。スマートフォンはやはり、これからのビジネスシーンには欠かせないツールになりそうですね。

     
  • スマートフォンの利便性1

    スマートフォンが特に力を発揮するシチュエーションを考えてみましょう。

    例えば外出先で情報を調べたいときなど、もちろん従来のガラケーでも検索できるのですが、閲覧できるのは基本的に携帯サイトのみ。でも、スマートフォンならパソコンのWEB情報が閲覧できるので、より情報ボリュームのあるサイトにアクセスできますね。

    また、officeで作ったファイルを扱うことができる点も便利。パソコンで作成したビジネス文書などを外出先からでも利用できるのです。

    例えば取引先で急に資料の修正が必要になったときなど、スマートフォンがあればファイルにアクセスして、すぐ手直しできます。そして、その修正データをメールに添付して送信することだってできます。

    WORDやEXCELも使えるので、簡単な報告書くらいならスマートフォンで作成可能。例えば、得意先から会社へ帰る移動の電車の中でも、その日の報告書をサクッと作ってしまうこともできるんですね。

    こんな風に、スマートフォンは従来のガラケーに比べると、ビジネスシーンで強い力を発揮します。初期の頃にビジネスマンを中心にユーザーが広がっていったというのもうなずけますよね。

    Sponsored Link
    ゴルフレッスンの選び方

     
  • スマホのメリット

    スマートフォンの機能をもう少し詳しく見ていきましょう。

    前回、スマートフォンにはパソコン的な利用ができるという大きなメリットがあると書きました。つまり…

    ・インターネット環境に接続してWebサイトを閲覧できる
    ・パソコン同様のメールの送受信ができる
    ・フルブラウザである
    ・WORDやEXCELのファイルやPDFファイルが閲覧できる
    ・メモ帳機能がある
    ・パソコン同様、スマートフォン上で文章作成ができる

    こんな点がメリットとして挙げられますね。また…

    ・スケジュール管理を行える
    ・ToDo管理が使える
    ・住所録の作成ができる

    こんな個人管理上の利便性も大きいでしょう。更に…

    ・MP3による音楽を聴くことができる
    ・動画や静止画をみることができる
    ・サウンドレコーダーとして使える
    ・静止画の他、ムービーも撮影できる

    このようにエンターテイメント機能も充実しています。

    他にもゲーム、電子辞書、電卓や目ざまし時計、テレビやラジオの視聴、GPS機能、おさいふケータイ、Wi-Fi等々。もちろん従来の携帯電話でも対応している機能もありますが、その広がりは比べものにならないでしょう。

    また、自分好みのアプリだけをダウンロードして利用できるのも大きなメリットですよね。

     
  • スマートフォンが広まる理由

    日本では独自の携帯、いわゆるガラケーが進化する中、スマートフォンは欧米で先行開発され、広まって行きました。

    日本でも馴染みの深いApple社の「iPhone」の他、Research In Motion社の「ブラックベリー」なども有名ですね。当初はビジネスマンを中心にユーザが拡大して行きました。

    海外では他にも多くのスマートフォンが展開されており、ノキア「Nokia」シリーズ、Carrier Devices「i-mate」、モトローラ「MPx220」、Palm OSの「Treo」シリーズなど選択肢も沢山あります。

    こんな風にスマートフォンが一気に広まった要因としては、やっぱりアプリケーションをハードウェアに依存して組み込んだこと、そしてパソコン、PDAの機能を搭載したことにあるでしょう。

    また、その利便性も去ることながら、特に自分好みのアプリケーションを取り込んでオンリーワンの携帯にカスタマイズできる点が現代の個人ニーズに支持されたことも大きいでしょう。

    Sponsored Link
    千葉出会い系

    Livedoor

     
  • スマートフォンって何ぞや?

    今や、契約者が拡大の一途を辿る「スマートフォン」。

    各キャリアのCMでも今や従来の携帯電話(いわゆるガラケー)ではなく、完全にスマートフォンを全面に押し出していますし、雑誌を見ても男性向け、女性向け問わずあちこちで特集が組まれていますよね。

    でも、一方でスマートフォンって何なのかよく知らない方もまだまだ多いと思います。ざっくり言ってしまうと、スマートフォンは携帯電話に携帯情報端末(PDA)の機能がくっついたもの。

    例えば、従来携帯では見られなかったパソコンのサイトが閲覧できる、パソコン同様に電子メールの送受信ができる、あるいはスケジュールの一元管理ができるなどの情報機能。

    また、様々なソフト(アプリケーション:略してアプリ)をインストールして使うことができるなどパソコンと類似した点があります。自分の好きなアプリを選んでインストールしていくと、自分だけの機能を持った携帯電話にカスタマイズすることができるわけです。

    また、ご存じのとおり、端末の面積はガラケーよりも広めになっています。画面の画像解像度も非常に高く、綺麗な映像が見られる大きな液晶画面が特徴。

    スマートフォンとは通話機能にパソコンのようなコンピュータ機能をプラスした、正にこれからの携帯電話なのです。