お馴染みアップル社のスマートフォンiPhone。日本市場へのスマートフォン浸透に最も貢献してきた機種と言っても異論はないかと思います。

従来の携帯電話にパソコン機能を追加。いや、それだけではなく、ユーザーが望むありとあらゆるエンターテイメント機能をも取り込みつつあります。

例えばミュージックプレイヤーiPod。これまでiPodと携帯を別々に持ち歩いていたユーザーも、両方を合わせて1台にできるのであれば、それは飛びつきますよね。

その他、最近発売されているgoogleのAndroidスマートフォンでは、従来の携帯に搭載されていた便利機能おさいふケータイなどにも対応しています。

こうしたユーザーの様々な需要に応えることができるのがスマートフォンなんですね。

日本国内におけるスマートフォンのシェアは、今のところ、海外に比べてまだ高くありません。ただ、数年後には日本でも全携帯電話の半分くらいのシェアになるであろうとの予測もあります。

かつてやや控えめな予測をしていた関係者も、現在の急激な市場拡大を見てシェア予測を上方修正しているようです。

これまで、日本の携帯電話は海外とは違う独自路線を歩んできました。国内だけの独自開発のために海外から機種や技術がなかなか入ってこなかったのです。

これこそが、従来の携帯電話が、特異な生物相を持つガラパゴス諸島のイメージと結びつけて、ガラパゴス携帯、いわゆるガラケーと言われる所以ですね。

でも、そんな日本の携帯電話市場もいよいよ世界標準に近づいてきました。これからは、世界標準のスマートフォンと日本独自のガラケーの便利機能の融合が急ピッチで進んでいくことでしょう。