スマートフォン誕生のルーツは携帯情報端末、PDAだと言われています。

ちなみにPDAとはアップル社のジョン・スカリーが1990年代に用いた造語。スケジュール管理や住所録管理、メモ機能などを持った小型の携帯機器のことですね。

ですが、PDAには通話機能がありませんでした。そこにその機能が追加されて徐々に進化を遂げたのが、現在のスマートフォンというわけです。

ただ、かつて携帯電話の製造というのは通信機器を所有しているメーカーだけに限定されていました。なぜなら、それまでの携帯電話には基地局とのやりとりや音声信号の変復調、通話機能などの高度な技術と経験が必要だったため。

でも、携帯電話が小型化して高性能になると、通話機能はベースバンドプロセッサを使ってモジュール化できるようになったのです。

製造メーカーはこのチップをPDAに組み込むことで、一から通話機器を開発しなくても通話機能を持てるようになったんですね。

スマートフォン進化の背景には、この通話機能のモジュール化が大きく寄与しているのです。