スマートフォンと従来の携帯電話(ガラケー)は何が決定的に違うのでしょうか?

これまでも書いてきたように、スマートフォンは簡単に言ってしまうとパソコンの機能が付いた携帯電話でしたね。

とは言え、ガラケーでもインターネットにつなぐことができるブラウザ機能やメール機能がついている機種も存在します。それも広義で考えればスマートフォンと言っていいでしょう。

でも、決定的に大きな違いは、自分好みのアプリケーションをインストールしてカスタマイズできるかどうかという点ですね。

好きなアプリケーションを選んでインストールできるのがスマートフォン、元からついている機能を使うだけなのがガラケーという区別をしてもいいでしょう。

ただ、スマートフォンに変更して不便になった!という声も実はあります。

日本のガラケーは独自の便利機能を進化させてきたために、世界標準のスマートフォンでは対応していない機能もあるわけです。

例えばおさいふケータイ。

最近発売されたスマートフォンでは利用できる機種もありますが、日本で最も普及しているiPhoneなどではまだ利用できません。

また、日本のガラケー用に作られたWebサイト、いわゆる携帯サイトについては、パソコンからの閲覧に制限がかけられていればスマートフォンでも見ることができません。

ですから、携帯サイト限定のサービスはスマートフォンからは利用できないんですね。

そのような情報がないままにスマートフォンを購入して、使い始めたらあのサイトが見れない!あの機能が使えない!という方も多いようなのです。

おそらくはこれからスマートフォンも、ガラケーで支持されていた便利機能を搭載したものがどんどん発売されていくのでしょうね。