• 個人情報を狙う不正アプリにご用心!

    スマホの目玉の1つが自由に好きなアプリをダウンロードできることですが(詳しくはスマホアプリの入手方法参照)、最近大きな問題になっているのがAndroidの「不正アプリ」の存在です。

    この不正アプリとはスマホにダウンロードすると、スマホの電話帳からメールアドレスや電話番号を盗みとって悪徳業者のサーバーに転送してしまうという実に悪質なもの。2012年度も数多くの被害が報告されています。

    AndroidアプリはiPhoneアプリに比べて審査が緩く簡単にリリースできる反面、どうしてもこうした不正が横行してしまうのです。

    2011年12月調査ではまだ1000個ほどだったこの不正アプリの数は、2012年12月調査では何と350倍の35万個と言いますから、その爆発的な増加ぶりが分かると思います。そして、この増加傾向は2013年も続くものと思われます。

    ●分かりにくい不正アプリ

    その数の増加とともに、手口の方も年々巧妙になってきていて、私達ユーザーが注意していないと、知らずにうっかりスマホに取り込んでしまうケースも多いようです。

    と言うのも、初期の頃はアダルト動画などの比較的怪しさが分かりやすいアプリを装っていた不正アプリですが、最近では「料理レシピ」「電波改善」「電池長持ち」などの便利アプリを装っているのです。これが無料となれば、思わずダウンロードしてしまう方も多いわけですね。

    更にはGoogleの公式アプリマーケット「Google Play」のレビュー(評価)をしっかり見るように注意していても、この「Google Play」自体の偽サイトも出回っていて、そこにはもっともらしく偽のレビューも書かれていると言うのです。

    ●信頼できる開発元、提供元から

    やはりこうした脅威から大切なスマホを守るには怪しい、あるいは情報がない組織が開発しているアプリには一切手を出さないことでしょう。また、アプリに対するレビューをしっかり確認することも大事ですね。

    ただし、先述のように偽のレビューサイトも出回っているので、そのアプリの提供元のURLを確認することも忘れてはいけません。特にメールで配信されてくるアプリには注意したいところですね。また、より見抜きにくい手口が生まれ、その増加にも歯止めがかからないようであれば、スマホ専用のウィルス対策ソフトの導入も必須になるかもしれませんね。

     
  • スマートフォンのOSについて

    OSとは「オペレーティングシステム」の略で、コンピューター全体を統括管理するソフトウェアのこと。これはスマートフォンに限らず、PCでも使われる用語ですね。このOSによって、スマホの性能も決まってきます。

    iPhoneには「iOS」、Androidには「Android」というOSがそれぞれ搭載されています。そう、一般的に「アンドロイド」と呼ばれているのは、その機種に搭載されているOSがgoogleが開発したアンドロイドだということなのです。

    新しい機種には、より高性能な新バージョンのOSが入っていることが多いようですが、別にその新しい機種を買わなくても、旧機種のOSだけバージョンアップさせることもできます。

    ただ、特に問題なければ、必ずバージョンアップしなければならないと言うものでもありません。特に機種自体が古いと、新しいバージョンにすると、逆に重くなるなどの支障をきたす場合もあります。

    特にAndroidはバージョンが頻繁。新バージョンのOSには新機能が追加されることも多いので、そうした新機能に敏感な方は頻繁にバージョンアップすると良いと思いますが、あまり過敏になる必要もないということですね。

     
  • スマホに替えるメリットの1つ

    今はまだ従来の携帯電話、いわゆるガラケーを使っていても、今度機種変するならスマホに替えようと思っている方は多いはずです。また、通信会社各社も携帯電話よりもスマホの露出に力をいれているという後押しもあると思います。

    一方で、電話しにくくなる、メールしにくくなる、今まで利用していた携帯専用サイトが見られなくなる…こうした不安があって、スマホに替えることをためらっている方もいるようです。

    確かに、使い方によっては携帯電話のほうが使いやすいこともあると思います。でも、スマホには携帯電話にはない大きなメリットが沢山あるのです。

    そんなメリットの1つが、自分の好きな機能をどんどんスマホ本体に取り込めるということ。つまりはアプリの存在ですよね。

    このアプリによって、本体が機能に対応していない、だから買い替えるということが基本的には少なくなったわけです。機能が無ければアプリで追加してしまえばいいのです。

    もちろん、スペックやデザイン、操作性は各メーカーに依存することになりますが、従来の携帯電話の選び方とは大きく違っていると言えますよね。

     
  • スマホアプリの入手方法

    スマートフォンの魅力の1つは、やっぱり自分の好きなアプリをダウンロードすることで、機能を強化していける点でしょう。

    アプリの入手方法はiPhoneとアンドロイドでは異なります。まず、iPhoneについては、App Storeに数多くのアプリが揃っているのでiPhone本体からダウンロードするか、iTinesからアクセスしてダウンロードし、後に同期化します。

    これは音楽をダウンロードするのとほぼ同じ感覚。有料アプリの決済も音楽と同じように処理されます。iTunesの存在によって、音楽や動画などとともに一括管理しやすいのも、iPhoneの魅力ですね。

    一方、Androidのアプリマーケットを担っているのは、Google管轄下のAndroidマーケット。また、NTTdocomoには、このマーケットから日本語対応の物を集めて、それにdocomo専用アプリをプラスしたdocomoマーケット、auにもau one Marketがあります。

    有料アプリの決済にはGoogleの決済サービス「Google Checkout」を利用すると便利ですが、あらかじめPCかアンドロイド端末からクレジットカードの登録をしておく必要があります。

    基本的にスマホの月額利用料とともに引き落とし、ガラケーで言えばマイメニュー登録と同じ決済イメージですね。

    アプリの価格はさほど高くなく、1,000円を超えるものもあるものの、主流は無料~数百円。無料のものだけでも、充分に楽しめます。スマートフォンに替えたら、まずはアプリをダウンロードしてみせんか?きっと、スマホの楽しさが分かるはずです。

     
  • スマートフォンの選び方

    新しい機種のスマホ(スマートフォン)が出るとつい飛びついてしまいますが、やはり購入の際に一番重視したいのは、前回書いたようにスマホの使用目的に合った機能の1台を選ぶことでしょう。そして、もう1つ大事なポイントがあります。

    それは、その目的の機能を使う際の使いやすさ(操作性など)です。

    当然ながら、スマートフォンは毎日肌身離さず持ち歩いて使うもの。操作がストレスなく、使いやすいものを選ぶこともとても大切ですよね。ただ、使い勝手がいいと感じるかどうかは人それぞれです。

    実際に操作してみて初めて分かることも多いのです。せっかく色々な機能がついていても、操作しにくければその機能を使うのが面倒になってきますよね。

    これは、前回の使用目的とも関連するのですが、たとえ目的にぴったりの機能がついていても、操作性が悪ければ宝の持ち腐れになってしまう可能性があるということです。

    例えばメールやTwitter、OfficeのEXCELなどでよく文字入力機能を使う方なら、キーボードが付いていたほうが操作は楽。それなら、キーボードを内蔵していて必要なときにスライドさせて使える機種を選ぶと良いですね。

    でも、操作ボタンも邪魔と言う方なら、液晶にボタンもパネル化したフルフラットなデザインの機種がいいでしょう。こちらは、キーボードが無い分、液晶のサイズが大きく取れるため、Web閲覧も快適ですね。

    あるいは、小型のスマホが良いと言う方には小型で軽量なタイプの機種もあります。こちらは特に女性に人気があるようですね。

    こんな風に、利用目的に合った機能プラスその目的で使う時に使いやすいかどうかはスマートフォンを選ぶ際にとても大切なチェックポイントですね。実際に、店舗で実機を納得いくまで操作して決めることをおすすめします。

     
  • スマホの使用目的は?

    これだけ色々な機種のスマートフォンが登場してくると、一体どれを購入したらいいのか悩みますよね。新しいからと言う理由ではなく、スマホの性能やデザイン、コスト、使用目的などを総合的に考えて決めて下さいね。

    今回は、そのうちの1つ、スマホの使用目的について考えてみますね。

    メインで使うのがビジネスなのか、ネットサーフィンなのか、音楽を聴くことなのか、映像を観ることなのかなど、特に重視したい活用法によって選ぶ機種も大きく違ってきますよ。

    スマートフォンの長所は従来の携帯電話のように通話が出来ながら、PCのようにネットサーフィンが出来たり、TwitterやFacebookなどのコミュニケーションツールを利用出来たり、昔のウォークマン、iPodのように音楽を持ち歩いたりと自由度が大きいこと。

    ただ、その目的によって、得意不得意があったりするわけですね。

    特に、インターネットをよく使う方なら、液晶画面は大きい方が良いですよね。また、ビデオや写真などをよく観る方ならば、画面の大きさにプラスして、画像解像度にもこだわると良いでしょう。

    また、アニメーション動画などを観たい方なら、iPhoneではなく、AndroidのようにFlashに対応しているものが良いですね。でも、音楽が大好きで快適なミュージックライフを送りたい方ならば、iTunesとの連携ができるiPhoneを選ぶと良いでしょう。

    こんな風に、自分のスマートフォンの活用方法考えて、ぴったりの1台を選ぶことが大切ですよね。

     
  • GALAXY

    今回は韓国サムスン社製のドコモスマートフォン「GALAXY」を紹介しましょう。

    最新機種は「GALAXY Tab SC-01C」と「GALAXY S SC-02B」ですね。

    まず、SC-01Cの特徴は、何と言っても7インチの巨大ディスプレイでしょう。その上、とても鮮明なので、インターネットを快適に利用できますね。

    ライバルは同じタブレット型のiPadになりますが、iPadよりも小型で持ち運びには便利。これは、用途や好みに応じて、選ぶと良いと思います。

    i-modeと同じメールアドレスを利用でき、ドコモマーケットやAndroidのマーケットから豊富なアプリをダウンロードして楽しむこともできます。

    EXCEL、WORD、PowerPointも搭載されているので、外出先のお店などで仕事をする際にも重宝しそうですね。

    その他最寄り駅や目的地を検索できるNAVI機能、ツイッターを待ち受け画面にできる機能などもありますよ。

    SC-02Bのほうは、軽量で手軽に持ち運びできる高性能スマートフォン。

    特徴的なのは、やはりディスプレイの美しさでしょう。Webも動画も写真も先端の映像技術で楽しむことができますね。

    また、フルタッチパネルなので指先で簡単操作ができ、その操作性も快適。

    もちろん、i-modeのメールアドレスを引き継げますし、SC-01C同様に、ドコモマーケットやAndroidのマーケットからアプリをダウンロードできます。

     
  • LYNX3D SH-03C

    今回はドコモのシャープ製スマートフォン「LYNX3D SH-03C」を紹介しますね。

    何と言っても、この機種の特徴は今注目の裸眼3Dディスプレイ対応と言うことでしょう。3.8インチのワイド液晶で、専用メガネなしで3Dの世界を体験できるのです。

    また、2Dで撮影したデジカメ映像をすぐに3Dに変換して観ることもできます。ちなみに、デジカメは高感度CCDカメラを使った960万画素オートフォーカスで、高精度な写真撮影を楽しめるし、ハイビジョンムービー撮影にも対応していますね。

    更には、3D対応のゲームや3D対応の動画をダウンロードすることもできます。これは楽しみですね。

    この3D対応ばかりに目がいってしまいますが、ガラケーの便利機能であるおさいふケータイ機能や赤外線にもしっかり対応。また、ワンセグではワンタッチ録画機能や予約録画機能もあります。

    また、Twitter社公式のAndroidアプリが搭載されているので、初心者の方でも購入してすぐにツイッターを楽しむことができますよ。

    当然、i-modeのメールアドレスをそのまま引き継げるspモード機能も付いています。

    ガラケーの機能をすっかり取り込んで、更にスマートフォンのハイクオリティな映像や撮影を楽しめる、そんな機種がこのLYNX3D SH-03Cなのです。

     
  • REGZA phone

    おさいふケータイと防水対応のスマートフォンが「REGZA phoneのT-01C」ですね。僕個人的には、冬春モデルの中ではイチオシの機種ですね。

    まず、東芝の人気液晶TV「レグザ」の高画質化技術をスマートフォン用に最適化したレグザエンジンを搭載が目玉。

    くっきりとした高画質に4インチフルワイド大画面なので、ワンセグやYouTube動画などをこれまでのモバイルにはない迫力と臨場感で楽しめますよ。更には、スマートフォンを置いてテレビのように観られれる置台型充電器も付いていてとても便利ですね。

    また、スマートフォンへの対応が待たれていた「おさいふケータイ」に対応。ガラケーと同じように電子マネーやクーポンの利用できます。

    更に赤外線の送受信にも対応しているため、ガラケー同様にメールアドレスの交換なども簡単にできるのです。

    防水対応なので、お風呂などでも利用できるのもいいですね。

    また、1220万画素のオートフォーカス対応カメラやハイビジョンのムービー機能やもあるので、美しい画像、映像を撮ることができます。

    冒頭にも書きましたが、個人的には従来のガラケーの便利機能を取り込んだ現時点での最強の機種かなと思っています

     
  • BlackBerry

    NTTドコモから発売されている「BlackBerry」。世界中で人気があるスマートフォンの1つとして知られています。

    BlackBerryの最新2011冬春モデルCurveTM9300は、小型で軽量なのが大きな特徴。

    QWERTYキーボードを搭載しているので、PCと同じような感覚で文字入力がしやすくなっています。これならTwitterやFacebookなども快適に利用できますね。

    また、トラックパッドを搭載しているので、少ない指の動きで広範囲にポインターを動かすことができます。Webの閲覧もとてもスムーズですね。

    更には、簡単なセットアップだけで、普段使っているPCメールを使えるのも便利。メールを受信すればスマートフォンが知らせてくれるので、外出していても大切なメールを見逃すこともないと思います。

    エンターテイメント機能としては、音楽機能も充実。iTunes®や他のメディアで管理している楽曲も簡単に転送できるようになっています。

    ちなみに「BlackBerry App World」ではBlackberryに様々なアプリケーションをダウンロードできますよ。